ブログ

2021.04.16

当院の審美歯科について

<審美歯科とは>

審美歯科、美容歯科と呼ばれている分野です。歯や歯肉の病気を治すことだけが目的ではなく、さらに踏み込み、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。

従来は主に歯の機能的な回復を第一に考えられてきました。しかし口もとの印象というのは、お顔全体の印象にも影響を与える重要なポイントです。そこで最近では歯の機能的な回復にとどまらず、審美的な回復や改善までどちらも重要な要素として治療が行われています。
 
<当院の審美歯科治療>
大学病院の補綴科(被せ物専門の外来)で博士号を取得した院長が治療を担当いたします。
当院ではセラミックによる審美歯科治療を行う際に、まず始めに最終的な目標とすべき理想的な形態をワックスで完全に再現した模型、診断用ワックスアップを作製します。このワックスアップを使用して治療のシミュレーションを行い、咬み合わせの確認や歯を削る適切な量を決定します。
 
<治療の流れ>
①診査・診断:診断用模型作製、ワックスアップ(最終形態)を作製。理想的な歯のサイズ、形態、傾斜、歯肉の位置などを確認します。
➁形成:ルーペ下での形成を行い、最終的には超音波チップによる仕上げ形成を行います。
③型取り:形成した歯に印象用コード(圧排糸)を巻き付けていきます。型取りする面を明確にする効果があります。
④シェードテイキング:カメラ撮影、スケッチ等色や形に関する情報を採取します。
⑤試適:製作を開始後、1回目のご来院で製作物がそのままOKとなるのは約3割程度です。シェードテイクにいくら時間をかけていても、それだけ特に色を合わせるというのは難しい行為です。試適は数回かかることも珍しくありません。患者様にはご足労をおかけしますが、私どもも技工士もより素敵な製作物とするために努力を惜しみませんので、どうぞご協力をお願い致します。
⑥完成・装着:優れたセメントを使用し装着します。


2020.11.11

感染予防策をさらに強化しました!

本日、医院待合室と診療室内に感染予防策として強力な機器を導入しました。

今般、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されていますが、

実は我々は普段から様々な化学物質や微生物が存在する環境下で生活しています。

そこで、

『お口の健康を維持するために当院を受診される患者さまが、より安心して通院いただける環境を作る方法』

を模索した結果、今回以下の機器を導入いたしました。


導入機器:「バイオミクロンサークル PRO」

これは、我々が生活する環境下に存在する菌やウイルスを

光触媒機能によりおよそ30分で99%以上分解・除去する能力

を有しており、その実績から、


多くの患者さまが受診する東京大学病院や、密になりやすい空間である羽田空港等にすでに導入されています。


私は長崎大学病院勤務時代に光触媒によるインプラント周囲炎の治療の研究を行っていましたので、

今回当院に導入した機器の除菌機序とそのデータには 信頼を置いています。

当院に通院される患者さまの安心に少しでも寄与できれば幸いです。

愛宕南なかじま歯科
2020.03.27

当院の院内感染対策について

多くのメディアで報道されておりますが、現在新型コロナウイルス感染症が流行しております。  このコラムでは、当院が開院以来行っている感染予防策についてご紹介いたします。  


▼クラスB規格の 高性能滅菌器の導入

国内で一般的に用いられている”クラスN滅菌器”では、器具の種類によっては滅菌が不十分な可能性があります。

そこで、当院では高性能滅菌器である”クラスB滅菌器”を使用しております。

*「クラスB滅菌器」とは世界で最も厳格とされる欧州の歯科医院の滅菌基準を満たした滅菌器で、バキュームと加圧を組み合わせることで確実な滅菌ができます。しかし、国内では使用が義務付けられておりません。また、通常の”クラスN滅菌器” に比べてコストが5倍〜10倍かかるので日本ではあまり普及しておりません。


▼ハンドピース専用の自動洗浄・高性能滅菌器の導入
昨今、ハンドピース(歯を削るための医療機器)に対する滅菌管理が注目されております。
ハンドピースは、特殊な複雑な構造であるために、通常の滅菌機では滅菌操作が完全ではない可能性が指摘されております。
そこで、当院では、以下の現在考えうる最善の管理体制を整備しました。

1)ハンドピース用の自動洗浄・注油システムの導入
ハンドピースの滅菌操作を確実に行う為には、自動洗浄・注油システムが有効です。

当院では、滅菌操作を行うために、国内基準より厳格な国際基準をハンドピース滅菌においても採用しております。

2)ハンドピース専用のクラスS滅菌器
国内のハンドピースメーカー(ナカニシ社)製のハンドピース滅菌専用の滅菌器を導入し、
患者様毎の確実な滅菌操作を行っております。



▼感染症対策に強いハンドピースを患者様毎に使用
一般的に歯科医院では、圧縮空気を利用した切削器具(エアータービン)をしております。
しかしながらエアータービンは、感染症対策に長けておらず、切削時に患者さんが痛みを感じやすい、削りすぎる等の欠点がありました。そこで近年、5倍速コントラエンジンの使用が注目されるようになりました。
以上の理由から、当院では5倍速コントラエンジンを導入しております。


▼ ディスポーザブル製品の使用
当たり前のことですが、医療用グローブ、コップ、エプロン等の滅菌が難しいものについては使い捨て(ディスポーザブル)製品を使用しています。
患者様ごとに新しいものに交換することで清潔保持を行なっております。

▼ 消毒用アルコールおよび加速化過酸化水素水(AHP)による院内消毒の徹底
普段より診療後の診察台、チェア、操作パネル等をアルコール消毒・AHPを実行しております。
さらに追加事項として、ドアノブや取っ手、待合室ソファのアルコール消毒・AHPも行なっております。
※AHPとは、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)から最高レベルの効果を認められた消毒剤です。COVID-19は勿論、歯科医療に関する様々なウイルス、細菌などに対して非常に強力に除菌が期待されます。しかも、従来の除菌薬に比べて人体に対する毒性は極めて少ない事でも優れております。


▼ 院内の空気清浄・湿度管理の徹底
院内では、空気調和器によるセントラルコントロールによって、ウイルスの活性が抑制されるよう湿度管理(50%以上)されております。
さらに、新鮮な空気が室内に取り入れられるような換気管理が常に行われております。


今後も、患者様とそのご家族、クリニックスタッフの安全を最優先した歯科医療の提供を行って参ります。

ご理解ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

愛宕南なかじま歯科
 住所 福岡市西区愛宕南2−13−3
 電話 092-836-6212
 mail    info@atagominami-nakajima-shika.com 
https://www.torushika.com/hpname=0928366212(インターネットからのご予約も可能です)

 最寄り駅 地下鉄空港線 姪浜 

      西鉄バス   愛宕一丁目

2020.03.26

歯周病のお話〜なぜ歯石を取らないといけないのか!?

プラークと歯石はどう違うのか?

プラークは歯磨きで落とせる細菌の集まり。

一方、歯石はプラークが石灰化して歯にこびりついた強固な塊で歯科医院でなければ落とせません。

歯周病の治療と歯石除去の関係について 歯石自体は歯周病の原因ではありません。歯周病の原因はプラークに潜む細菌です。

しかし、歯石は固く、表面がザラザラしているためプラークのかっこうのたまり場となります。

結果的に、歯石を取らないと細菌が減少しないため、歯周病の治療には歯石を取ることが欠かせないのです。

歯周病は放っておくと全身疾患にも?!お口だけの病気ではありません...

歯周病が進行すると、顎の骨を溶かし、歯がグラグラしてくる骨の病気ですが、それだけではありません。

歯周病になると、歯茎から出血するようになります。

お口の中で出血すると、お口の中のさまざまな細菌が血管内に入り、血流にのって全身に広がります。



すると「心筋梗塞・動脈硬化・高血圧・脳卒中・糖尿病など」といった重大な病気の原因になり、また病状を悪化させる要因にもなります。

歯周病の治療は、お口だけでなく全身の健康にも影響するとても重要なことなのです。


定期的な検診をお勧め致します!


歯石を取らずに放置すると歯石はますます硬くなり、歯周ポケットの奥深くにこびりついてしまいます。

こうなると少しずつしか歯石が取れないため、治療回数も多くなり、最終的には外科的に取り除かないといけなくなる事もあります…

一方、定期的に歯石を取っている方は歯石が柔らかいため 少ない回数ですべての歯石を取ることができ、痛みもほとんどありません。

もちろん治療費用も少なくなります。

定期的な歯石除去、検診を習慣とされることをおすすめ致します^^


愛宕南なかじま歯科

 住所 福岡市西区愛宕南2−13−3

 電話 092-836-6212

 mail info@atagominami-nakajima-shika.com 


https://www.torushika.com/hpname=0928366212(インターネットからのご予約も可能です)


 最寄り駅 地下鉄空港線 姪浜 

      西鉄バス   愛宕一丁目
2019.10.08

歯は大事な柱

口の中を建物に例えると・・・

歯の1本1本は、大事な柱

柱がなくなると、建物に影響がでますよね。

私は大学病院勤務時代、歯を失くしてしまったことで大変な苦労とお悩みを訴える多くの患者様の治療に携わってきました。

その中で、歯は一本一本がそれぞれ役割を持っていて

「たった一本の歯を失くしたことがきっかけで噛み合わせのバランスは容易に崩壊する」

ということを経験しました。




私は、いい歯科医療とは悪い部分の歯のみを治療するのではく、歯やお口全体の将来を見据えた治療することであると考えています。

虫歯で歯の強度が低下してしまったり、歯周病で歯(柱)そのものがぐらついてしまったり、あるいは歯が抜けてしまったり・・・

自覚する症状は様々です。

将来健康な噛み合わせ、質の高い生活を営むためには


・虫歯がない方はその状態を維持すること

・歯周病予防を習慣とすること

・歯をなくした部分がある方は適切な方法で補うこと


以上のことが将来にわたりお口の健康、ひいては全身の健康を維持するために極めて重要です。

当院では一般的な検査に加え、CT画像も駆使した全体的な診査診断を行い治療計画をご提案いたします。

なぜ現在の状態に至ったのかを解明し、将来の対策を考えることが重要です。

気になる部分がおありでしたら、早めにのご相談ください。





愛宕南なかじま歯科

 住所 福岡市西区愛宕南2−13−3

 電話 092-836-6212

 mail info@atagominami-nakajima-shika.com 


https://www.torushika.com/hpname=0928366212(インターネットからのご予約も可能です)


 最寄り駅 地下鉄空港線 姪浜 

      西鉄バス   愛宕一丁目
1 2 3