虫歯治療

虫歯の原因・進行について

  • 時々歯が痛む
  • 欠けている
  • 食べ物がいつも同じ場所につまる
  • 歯の表面が黒ずんでいる
  • 舌で触ると引っかかる
  • 冷たいものや甘いものがしみる

このようなお悩みがある場合、すでにむし歯が始まっています。
「まだ大丈夫」「痛みがなくなったから」と虫歯があっても放置してしまう方が少なくありませんが、虫歯にはなるべく早く対応を考える必要があります。虫歯が自然に治ることはほとんどありません。放置すれば悪化する一方であるからです。
歯を失うことはもちろん、全身の健康まで脅かすリスクも高くなるため、少しでも気になる症状があれば歯科医院へ相談しましょう。

どうして虫歯になるの?

磨き方や磨き残しで虫歯が発生しやすい環境になりますが、特に虫歯の原因となるのは、普段私たちが口にしている「食べ物、飲み物」です。
お菓子やジュースなど糖分が含まれる食べ物は虫歯菌が繁殖する原因となり、進行も早くなります。それらを長い時間口の中に留めている状態か、時間をかけて食べている状況だとより虫歯が滞在しやすい環境を作ってしまいます。
また、食いしばりや歯ぎしり、噛む力などが原因で歯にヒビが入ってしまい、菌が侵入して虫歯が進行してしまいます。ヒビは小さいですが、菌にとっては大きく虫歯の進行しやすい環境です。

虫歯の進行について

むし歯にはそれぞれステージがあり、ステージごとの症状をまとめると、以下のようなイメージになります。

C1

歯の表面に穴が開き、茶色、黒色に歯が変わり始めます。むし歯の初期段階です。

C2

むし歯の菌が歯の内部までに届き、冷たいものが染みるようになります。

C3

むし歯の進行が進み、深いところまで損傷を受けています。激しい痛みを感じます。

C4

歯の根にまで損傷が広がります。全身への影響も強くなりうるレベルです。

初期段階の虫歯であれば、削らずに済むもしくは削る部分が少なく詰め物を入れるだけで済みます。
しかし、症状が悪化すればするほど虫歯はどんどん大きくなり削る範囲も大きくなってしまいます。最終的には抜歯をしてインプラントやブリッジをしなければならない可能性もあります。
虫歯は自然に治るものではありません。痛みがなくなったとあまく見ず、最小限の治療で済むように早期発見、早期治療で健康な口腔内を目指しましょう。

なるべく削らない、痛くない治療

電動麻酔、表面麻酔など工夫した麻酔方法

電動麻酔、表面麻酔など工夫した麻酔方法当院では、出来るだけ神経を残す治療を心がけ、なるべく痛くない治療を心がけています。
特に麻酔をする際は、より治療の痛みが軽減出来るような方法で麻酔を施しています。
麻酔をする際は、針を刺す痛みを和らげるための表面麻酔をした後に、電動麻酔を使って麻酔を行うため、ほとんど痛みを感じません。

虫歯にならないために

虫歯にならないために虫歯、歯周病にならないためには予防が一番大切です。
ご自宅でのセルフケアはもちろん、定期検診で磨き残しのチェックや歯石除去などを行いましょう。
虫歯を早期発見・早期治療すれば最小限の治療で留めることが出来ます。
虫歯にならない事が一番大事ですが、虫歯になったとしても小さい虫歯であれば簡単な治療で終わらせることが出来ますので、歯を削ったり、神経をとったりする必要がないよう定期的に歯科医院でチェックを行いましょう。

予防歯科についてはこちら

根管治療について

根管治療とは?

根管治療とは?根管治療とは、歯の根っこの治療です。
むし歯は重症化すると、歯の根っこにまで感染が広がって炎症を起こし、強く痛みます。
根管治療では、むし歯菌に感染した根っこを取り除き、管の中を殺菌・消毒し、薬剤を詰めて密閉することで無菌に近い状態にします。根管治療は、悪くなった部分を完全に取り去って、しっかり感染源を除去することが最も大切です。

愛宕南なかじま歯科の根管治療

根管治療には「ファイル」という針のような細い治療器具を使用して処置を行っており、当院ではニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)を使用し治療を行っております。
ニッケルチタンファイルは一般的なファイルと違い、柔軟性に優れているため複雑な根っこの形の場合でも隅々まで治療を行うことが出来ます。
細菌の取り残しや根管治療後の再発を防ぎ、歯を失ってしまうリスクをなくします。

TOPへ戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 TEL:092-836-6212TEL.092-836-6212