口腔外科

口腔外科とは?

このようなお悩みありませんか?

歯科口腔外科は歯・歯ぐきだけではなく、顎、舌、頬、粘膜などお口に関わるすべての症状を診ることができる診療科目です。
お口まわりは、健康を維持し、快適に生活するためにすみやかに治療しなければならない部分です。少しでも気になることがあれば、早めにご相談ください。

親知らず

親知らず

  • 親知らずが痛い
  • 奥歯が腫れている
  • 奥歯から出血している
顎関節症

顎関節症

  • 口が開かない
  • 顎が痛い
  • 顎がカクカクする
口内炎

口内炎

  • できものが治らない
  • 赤くただれている
  • 繰り返しできる

親知らず

親知らずには、抜かなくてもいいものと抜いたほうがいいものがあります。

抜かなくてもいい親知らず

まっすぐに生えていて、ほかの歯に影響を与えない状態であれば、抜く必要はありません。

抜いたほうがいい親知らず

「横向きに生えてきて、前の歯を押している親知らず」「骨のなかに埋まっているが、レントゲン検査で袋のような影が見える親知らず」「食べかすや汚れが付きやすくなっている親知らず」には、抜歯が必要である可能性が高いです。
また、「むし歯になっている親知らず」「隣の歯が虫歯になっている親知らず」も、ほかの歯への影響を防ぐため、抜歯の対象になりえます。

抜いたほうがいい親知らず

顎関節症

顎関節症マウスピース(スタビライゼーションスプリント)による顎関節の治療、生活習慣改善の指導、状況によっては痛み止めを処方しています。
眠っている時、無意識に食いしばりや歯ぎしりをしていると、歯がしみる症状が出たり、根っこが割れたり、顎の関節に痛みなどの症状が出る場合があります。それらを防いだり、症状を和らげるために、就寝中に装着するマウスピースを作製します。

口内炎

口内炎口内炎とは、口唇・舌・歯肉・頬粘膜などの口腔粘膜にできる炎症(赤み・腫れ・ただれ・白斑・水ぶくれなど)を指します。
多くの口内炎は1~2週間程度で治癒しますが、2週間以上続く場合は、その他の病気が隠れている可能性は否定できません。
色、出血、形の特徴や、潰瘍があるか、2週間以上全く状態が変わらないなど、通常の口内炎と詳しく検査が必要な口内炎はしっかりと診査診断しています。

TOPへ戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 TEL:092-836-6212TEL.092-836-6212