福岡市西区愛宕南・姪浜で歯科をお探しの方は愛宕南 なかじま歯科まで

福岡市西区愛宕南・姪浜・愛宕南 なかじま歯科・電話

ネット予約

092-836-6212

:火曜午後・金曜午後は19時まで
:午前9:00~13:00 午後14:00~17:30
休診日:木曜・日曜・祝日

診療時間 日/祝
9:30~13:00 ◯ ◯ ◯ ◯ ★
14:30~20:00 ◯ ● ◯ ● ★

親知らずにお悩みの方へSurgery

歯や歯茎以外での辛さを感じたら「口腔外科」

福岡市西区愛宕南・姪浜・愛宕南 なかじま歯科

ある程度の年齢を超えてから生えてくる親知らず。歯茎の腫れや奥歯の痛みが気になり、落ち着いた日々を過ごせなくなっている方が少なくありません。「親知らずは抜いたほうがいいとよく言われるけれど、どうしたらいいかわからない」と、不安も生まれてくることでしょう。
親知らずは、抜いたほうがいいものと抜かないほうがいいものがあり、患者さまの状態によって適した対応が変わってきます。親知らずに関して心配なことがありましたら歯科医院・クリニックに相談し、状態に合った対応をしてもらうことが大事です。

こんなお悩みはありませんか?

福岡市西区愛宕南・姪浜・愛宕南 なかじま歯科

親知らずが生えてきた

奥歯が痛い

歯茎の腫れが気になる

このようなお悩みがありましたら、一人で抱え込まず、歯科医師の判断を仰ぐようにしましょう。

親知らずの原因は?

私たち人間の歯は一般的に、上下で合計28本の歯が生えるようになっています。28本の歯は平均して15歳ごろまでに生えそろうものですが、20歳を超えたころから奥歯に生えてくる歯があります。これがいわゆる「親知らず」です。
親知らずは、正しく生えてくればそれほど問題ないものの、炎症や腫れ、痛みなどの症状をもたらすケースがあります。歯磨きがしにくくなった虫歯にかかりやすくなったり、かみ合わせに問題が生じたりするケースもあるため、状態に応じた判断と治療が必要になります。

親知らずは抜くべき?残すべき?

福岡市西区愛宕南・姪浜・愛宕南 なかじま歯科

親知らずには、抜かなくてもいいものと抜いたほうがいいものがあります。

抜かなくてもいい親知らず

まっすぐに生えていて、ほかの歯に影響を与えない状態であれば、抜く必要はありません。

抜いたほうがいい親知らず

「横向きに生えてきて、前の歯を押している親知らず」「骨のなかに埋まっているが、レントゲン検査で袋のような影が見える親知らず」「食べかすや汚れが付きやすくなっている親知らず」には、抜歯が必要である可能性が高いです。
また、「むし歯になっている親知らず」「隣の歯が虫歯になっている親知らず」も、ほかの歯への影響を防ぐため、抜歯の対象になりえます。

親知らずへの対処法とは?

ほかの歯への影響が考えられる親知らずには、外科的手術を用いての抜歯が必要です。手術中には局所麻酔が使われ、特に痛みを感じることはありませんが、ケースによっては全身麻酔を使っての手術がおこなわれます。

抜歯後に気をつけるポイント

福岡市西区愛宕南・姪浜・愛宕南 なかじま歯科

親知らずの抜歯後、麻酔がきれて痛みと腫れを感じることが多くなります。これらの症状は数日程度続き、徐々に消えていくものですが、辛く感じる方も少なくありません。
抜歯後の痛みに対しては、歯科医院・クリニックから鎮痛剤を処方されます。指示された容量と回数を守り、それでも痛みや腫れが気になるのであれば担当医師に相談しましょう。
また、抜歯直後は出血が多くなる時期です。食事や飲酒、入浴、運動、歯磨きについてそれぞれ注意事項を、担当医師から説明を受けることになりますので、それらをきちんと守ったうえで安静に過ごすようにしましょう。